診療時間

すべり症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 「腰が痛んでいたが、最近痺れも出てきた」
  • 「以前と比べ足の感覚が鈍くなっている」
  • 「痛みが酷くて運動ができない」
  • 「腰を後ろに反る動作がツライ」

『腰椎すべり症』とは?|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

腰椎すべり症とは、腰にある「椎骨」という骨が、正常な状態より前方及び後方へと滑り出している状態で、こちらがそばを通る神経を圧迫し、脚・腰に痺れや痛みといった様々な症状を引き起こす病気です。

背骨は椎骨という骨が重なりあって構成されています。その背骨(脊柱間)の中を、脊髄神経(末端は馬尾神経)が通っており、毎日、長時間による不良姿勢が続いたりすると、骨が動いて神経を圧迫してしまうのです。

腰椎すべり症は二種類に分けられ、腰椎分離症に続発する「分離すべり症」にも分けられます。詳しくは下記にて説明致します。

『分離すべり症』

腰椎分離のための力学的脆弱性(腰回りの筋肉が弱る)と、長期間をかけながら、腰椎の変性が進むことによって起こります。第5腰椎の分離症が多く起こるのが特徴で、その場合は第5腰椎とその下の仙椎関節で“すべり”が生じます。

『変性すべり症』

こちらは、加齢に伴う背骨や椎間板(腰椎の間にある柔らかい組織)、それに椎間関節が変性することで、腰椎が正常な位置からずれてしまう状態を言います。特に第4腰椎と第5腰椎の間に生じることが多いといわれております。

いずれも応急措置としては、コルセットなどを用い一時的に腰の負担を減らす必要があります。ですが、ここで注意したいのがその期間。コルセットを何ヵ月間にも渡り使用してしまうと。今度は腰回りを支える筋肉や使うべき筋肉が痩せほそってしまい、痛みを出しやすくしてしまう悪循環が起こり得ます。

なので、症状が落ち着いてきたら動かせる範囲内で、痛みが出にくい動作を繰り返すのもおすすめです。

当院でのすべり症『施術』とは?|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

当院では、【トムソンベッド】を用いて骨格矯正、姿勢矯正を行える環境があります。

腰を後ろに反ることで、すべっている椎骨がさらに神経を圧迫してしまいます。なので、そのような姿勢にならないようにバランスを調整していくのです。

【ハイボルト】施術も当院で行えます。これは、痺れや痛みを起こしている神経の興奮を抑制することができるのです。この施術の特徴は、すごく即効性が高いことです!

他にも、検査できる役割もあり、病院でのレントゲン・CT・MRIにも映らないような微細な部分の原因も探り出すことが可能なのです。

最初、すべり症では神経圧迫の痛みが主であります。ですが、徐々にその関節を支えている筋肉にまで負担がかるようになり、筋肉性の腰痛も出てきてしまいます。

そこで、当院の【EMSトレーニング】の出番です。

こちらは関節の負担にも負けないような筋肉を付ける事も出来ます!

特にインナーマッスルという姿勢を支える筋肉は重要で、様々な場面で必要になって来ます。

腰椎すべり症を、治すなら当院で!

症状がさらに悪化する前に、原因を特定して対処していきましょう!

もし、日頃からお体のお悩みやご不明な点など、些細なことでも結構なので、いつでもご連絡下さい。一緒に治していきましょう!

お問い合わせ

  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-0961
宮城県仙台市青葉区
桜ヶ丘7-40-1 BRANCH仙台2F
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院

地域人気第1位

口コミはこちら