仙台市青葉区でシーバー病(セーバー病)施術なら桜ヶ丘バランス整骨院

診療時間

シーバー病(セーバー病)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 「小学生の子供が踵を痛めているが、原因不明だ」
  • 「身長の伸びが良くなると踵の痛みが出だした」
  • 「スポーツを始めたら踵が痛みだした」

そのまま放っておくと・・・|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

もし、上記のお悩みを放っておくと・・・

  • 「痛みでスポーツが出来なくなる」

  • 「さらに痛みを引き起こす炎症が強くなる」

  • 「歩くだけでも痛くなる」

と、悪化することもあります。

ですが、ご安心ください。当院ならそのお悩みを解決できるかもしれません。

当院では、スポーツに取り組むお子様の治療はもちろん、炎症を抑える治療や今後起きづらいような、身体づくりをすることが可能です。

そもそも、シーバー病(セーバー病)とはどんな症状が出るのか?簡単に説明させていただきます。

シーバー病(セーバー病)について|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

シーバー病とは、別名「踵骨骨端症」とも呼ばれ、踵の骨の骨端が剥離したり、その手前の踵骨軟骨で炎症が起こる状態を言います。

発症しやすい人の特徴として

  • ・スポーツを盛んに取り組んでいる

  • ・足のアライメント異常(外反母趾、扁平足、内反足)

  • ・10歳前後の成長期。特に男の子(女子の2倍かかりやすいともいわれています)

取り組むスポーツの中でも、ジャンプ、走る(短距離走)、野球、バスケットボールをするお子様に多く見られます。

原因としては、未発達の子どもの弱い踵骨隆起部に、運動などでアキレス腱が引っ張られ、踵の骨端核に過度なストレスがかかることが挙げられます。

それに、足のアライメント異常があると、どうしても構造的に負担がかかりやすくなるので踵に痛みを症じやすいのです。

症状としては、初期は軽い痛みだけなのが多く、次第に踵をつくと痛くなる為に、自然につま先立ちになります。さらに進むと歩くのも痛くなり、安静時でも痛むようになります。

それに、踵への軽い腫れや熱をもつようにもなります。

運動中に痛みはないのですが、激しい運動後には痛みが生じるのも特徴です。

ここで大事になってくるのは、

  • ・炎症を止める

  • ・炎症が起きづらいように、足の負担を軽くする姿勢をとる

以上の2点です。

当院のシーバー病(セーバー病)施術|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

そこで、当院では「ハイボルト」という電気を使った施術で、まずは炎症を鎮静させることを優先しております。

このハイボルトとは、他の症状にも効果的なのです。

神経の炎症などを検査することも可能で、検査にも特化した機械です。少々の痛みはありますが、施術を受けられる我慢ができる範囲なので、ハイボルトの施術をお勧めしております。

さらに歪んでしまった骨格の調整や、姿勢矯正では「トムソンベッド」という機械を導入し、踵に体重が乗りやすい姿勢を矯正することもできます。

他にも、インナーマッスル(骨格を支える筋肉)を鍛える機械もあり、様々な方がトレーニングをされています。

ここで大事なのは、痛みを抑えること。それを繰り返さないような姿勢を作ること。です。

スポーツに取り組むお子さんが、痛みなく生活できるようなサポートが私たちには可能です。

お子様がシーバー病の症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-0961
宮城県仙台市青葉区
桜ヶ丘7-40-1 BRANCH仙台2F
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ

地域人気第1位

口コミはこちら