仙台市青葉区で足底筋膜炎施術なら桜ヶ丘バランス整骨院

診療時間

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩いたり走っている最初のうちは足裏が痛い
  • 長時間座った後に歩き出すと足裏が激しく痛む
  • 立っているだけで足裏が痛んでくる
  • 何もしていないのに足裏がジンジンする感じがする

足底筋膜炎とは?|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

足底筋膜炎とは、足裏の緩やかなアーチ状態が崩れることにより、足裏において地面と足が接する際の衝撃を和らげるクッション的存在である足底筋膜にダイレクトに衝撃が伝わり痛みや痺れが生じてしまう症状です。

この不調を放っておくと、足裏の痛みがひどいせいでまともに歩いたり走ったりすることができなくなったり、立っているだけでも慢性的に痛みや痺れが生じるようになってしまう恐れがあります。当院ではこうした症状を根本から改善するために、足裏という特定の部位だけでなく、体全体を観察しながら足底筋膜炎を引き起こしている原因を探っていきます。

というのも、足底筋膜炎が起こる原因が足裏以外から生じている場合があるためです。

例えば、下半身の骨格に歪みがあり踵に体重のかかる後方重心の状態になっている方がいらっしゃいます。このような方はふくらはぎの筋肉が硬化してしまう傾向にあり、それに伴ってアキレス腱も硬化してしまいやすくなります。このアキレス腱が硬化するとそこから続く足底筋膜も硬化し、うまくクッションの役割を果たせず痛みや痺れが生じるようになることがあるのです。

当院の施術方法|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

当院では痛みを発する部位を特定する電気治療の一種・ハイボルト、骨格矯正に重点を置いたトムソンベッド、インナーマッスルを鍛えるEMSトレーニングなど、様々な施術方法をご提供しております。

まずハイボルトという施術法は、どの部分の神経が痛みや痺れの原因となっているのかをピンポイントで特定し、迅速に痛みを和らげるとともに神経の興奮を鎮めてくれます。

次にトムソンベッドですが、これは骨格矯正により重きを置いた施術法となります。表面的な痛みや痺れだけでなく骨格の歪みがかなり悪化してしまっているお客様にはこちらの施術法をおすすめしております。このトムソンベッドは普段のお客様の姿勢を観察し、その姿勢を取ることによってどの部分の骨格が歪んでしまっているのかを的確に診断します。そしてその後、お客様の体に負担をかけないソフトなやり方で歪んでしまった骨格を矯正していきます。

最後にEMSトレーニングですが、これはインナーマッスルを鍛えるトレーニング全般を指します。インナーマッスルというのは内側から骨格を支えてくれる大事な部位です。不調の再発防止にはインナーマッスルを鍛え、正常に矯正された骨格をそのままに保つことが一番ですが、インナーマッスルを鍛えるにはなかなか時間がかかります。当院ではご高齢のお客様でも簡単にできるEMSトレーニングを指導させていただいておりますので、再発防止に向けた取り組みも万全です。

足底筋膜炎でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽に当院にご相談ください。

お問い合わせ

  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-0961
宮城県仙台市青葉区
桜ヶ丘7-40-1 BRANCH仙台2F
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ

地域人気第1位

口コミはこちら