仙台市青葉区で内反小趾施術なら桜ヶ丘バランス整骨院

診療時間

内反小趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の小指の外側に痛みが生じるようになった
  • 小指の痛みのせいで歩きづらさを感じる
  • 小指が内側に巻き込まれている

そのまま放っておくと…?|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

内反小趾を放っておいた場合、小指の痛みが慢性化し歩行困難になったり、小指が変形したままの状態になってしまう恐れがあります。

内反小趾について|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

内反小趾とは第5趾、つまり足の小指が親指側の方に向かって反り込んでしまっている状態を指します。

内反小趾は外反母趾(足の親指が内側に曲がる)よりも多い症例と言われており、女性だけでなく男性にも多く見られるのが特徴です。

内反小趾の原因としては主に以下の3つが挙げられます。

①靴のサイズが適切でない

幅が合っていない靴、またはハイヒールなどを普段から履いていると、足が横から圧迫され小指が変形してしまったり痛みが生じてしまうようになります。インソールに足を当ててみると指がはみ出ているという方は要注意です。

②筒上靴下やストッキングによる変形

ストッキングや筒状の靴下を履くだけでも内反小趾を引き起こしてしまう可能性があります。幅の合わない靴を履いている場合よりは変形速度が緩やかであるため、この原因による内反小趾は痛みを感じないという方も少なくありません。

③姿勢や歩行の問題

そもそも普段の姿勢が悪いために足に負担がかかっているケースもあります。また、O脚やX脚などの方も内反小趾を発症する可能性が高いです。他にも遺伝的に内反小趾になりやすい体質の方など、様々な方がいらっしゃいます。

当院の施術|青葉区桜ヶ丘バランス整骨院

当院では内反小趾でお悩みのお客様に対し、電気治療の一種である痛みを和らげるためのハイボルト、骨格の歪みを矯正するトムソンベッド、矯正した骨格を支え再発防止に役立つインナーマッスルを鍛える「楽トレ」など、様々な施術法をご用意しております。

当院選りすぐりのプロフェッショナル達がしっかりとお客様のお体の状態を観察し、最適な施術方法をわかりやすい説明で丁寧にご提案させていただきますので、「専門的な施術法はよくわからない」という方でも安心してご来院いただけます。もちろん、お客様よりご要望がある場合にはそちらを優先的に考慮させていただきますので、なんでもご遠慮なくお申し付けください。

内反小趾は放っておいて良くなるということはありません。むしろ痛みが慢性化したり、変形が抑えられなくなったりと様々な悪影響が出てしまいます。少しでも気になられている方は早期のご相談をおすすめいたします。

内反小趾でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽に当院にご相談ください。

お問い合わせ

  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-0961
宮城県仙台市青葉区
桜ヶ丘7-40-1 BRANCH仙台2F
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ

地域人気第1位

口コミはこちら