股関節症

2020年06月4日

股関節症

股関節の痛み | 無料の写真

 

♠変形性股関節症とは?

あきらかな原因がない一次性変形性股関節症となんらかの怪我や病気でなる二次性変形性股関節症の2つに分類されます。

日本は二次性のものが多く、主に先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全によるものが約90%を占めています。

 

♠これって変形性股関節症?

☑︎股関節の痛み

☑︎股関節の動かしづらさ

☑︎両足の長さの違い

☑︎歩きにくさがある

 

♠変形性股関節症の初期症状とは?

ベットから起き上がったときや椅子から立ったとき、歩き始めたときなどに、何となく股関節に違和感を感じることがあります。

・股関節からコキッと音が鳴る

・体重を乗せると痛む

・鼠径部付近に違和感がある

などといった症状が現れます。

 

♠進行していくとどうなる?

安静にしていても常に痛みがあったり、夜寝ていても痛みが続いたりすることがあります。

より進行すると長時間歩いたり、立ったりすることも辛くなるなどの症状もでますので早期の治療が必要です。

 

♠なぜ痛くなるの?

骨盤写真素材、ロイヤリティフリー骨盤画像|Depositphotos®

股関節とは、大腿骨頭という先端が丸くなった骨と寛骨臼という骨頭がはまり込む受け皿のような骨で構成されています。

その骨頭は靭帯や筋肉で固定されているのですが、これらが負担を受けると骨頭の安定化が無くなり股関節のポジションが正常な位置にいられなくなることにより炎症=痛みがでてきます。

変形性股関節症とは股関節に過大な負荷がかかることで、軟骨の摩耗などにより変形、股関節痛、または筋力低下による歩行障害や日常生活障害をおこすのです。

 

♠どんな治療をするの?

一般的には、症状の重度はありますが手術や注射(痛み止め)などです。

当院では、一般的に行われるマッサージではなく、腰やお尻の神経の流れや、何故神経が圧迫される姿勢となってしまったのかをチェックしていきます。

股関節は仙腸関節という骨盤を構成する関節が緩くなったり、はまりが悪くなることで痛みが出ています。痛みを引き起こすのは姿勢や独自のが関係してきます。これはマッサージだけでは解決できる問題ではありません。

なので当院では、ハイボルトという神経検査機器を使用し、ただ硬いところを揉むとかではなく、どの筋肉が圧迫されているのか?弱くなってしまっているのかを検査していきます。

 

♠ハイボルトとは?ハイボルト治療 | 横浜市緑区の中山駅にあるふれあい鍼灸整骨院のブログ

痛みの原因となっている場所を見つけてくれるすごい検査器機です。
原因を見つけたと同時に炎症もとっていくのでこの機械を使って痛みが取れたらそこが原因です。

♠何故即効性があるの?

ハイボルトは特殊な電気治療器で、圧力波を作り出すことによりピンポイントで痛みの箇所にヒットさせます。それにより体内に効果的に伝達させます。

圧力波によって刺激された末梢神経を一旦麻痺させることで痛みの原因を除去していくことにより時間をかけゆっくりと細胞が再構築を繰り返し回復を促していきます。

なので炎症を引かせる速効性も強いのです!

痛みには全て痛くなる原因があります。

身体に痛みがあることにより、本当はやりたい事を我慢したり、痛みが当たり前になってしまったりする生活を少しでも変えていけたらと我々は思っています。

未来のあなたが笑顔になれる様に、
全力でサポートさせていただきます。