捻挫

2020年04月3日

捻挫

          足首|捻挫|骸骨/赤く|レントゲン/診察|ヘモグロビン/赤血球 ... 

捻挫は、怪我の中では1番多いものではないでしょうか。
起こる原因としては、普通に歩いて捻ってしまったり、スポーツ最中に発生するなど、日常的に起こりやすい怪我ですよね。

よく捻挫が起きやすい部位としては足首、手首などがあります。
症状としては、外くるぶしが腫れたり、体重が乗ると痛みが出たりします。

 ♠ そもそも捻挫と診断されるのはどんな状態なのか?

捻挫とは、関節にかかる外力により非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。足関節では距腓靱帯がという損傷されることが最も多く、靭帯損傷は、損傷具合により1度〜3度に分かれていきます。

靭帯が伸びる程度の損傷を1度捻挫
靭帯の一部が切れるものを2度捻挫
靭帯が完全に切れるものを3度捻挫

と定義しています。

この際捻挫を治療する中で早期に重要な処置が下記のRICE処置と言われるものです。

R:安静
I :冷却
C:圧迫
E:挙上

一般的には捻挫損傷の1度〜2度はRICE処置を行った後、固定を行ったり、足首周りや下肢を調整したりするのですが、
当院ではRICE処置を行った後、患部の治療をする前に捻挫をする原因となった身体の状態を診ていきます。

♠何故足首の捻挫が多い?捻挫の後遺症なら 東京・池袋駅徒歩2分 池袋こころとからだの整体院                          

理由としましては、歩行時の足から身体全体に関係する運動連鎖(身体の使い方)が関係してきます。
足首を構成する関節は沢山あるのですが、大きく分けて2つの関節を説明します。

1つ目は足首を上に上げる(背らす)働きをする時に必要な[距骨]という骨

2つ目は横アーチ(楔状骨)や縦アーチ(と呼ばれる足裏のバランスに大きく関係してくる骨

これらは歩行時の際スムーズに身体の体重移動を行えるか、身体への安定性をだせるか大事になります。

まとめると、足首とは最終的な体重移動の際に大きく働く関節な分、硬かったり、足の裏のバランスが崩れてしまっている状態で運動したり、ただ歩くだけでも負担がとてもかかりやすいのです。

まだまだ靭帯や、その他の関節の働き等はあるので、細かくは当院にいらした際診させて頂きます。

だから足首の柔軟は大切なんです!

ただ、足首が硬くなってしまう事にもちゃんと理由があります。

それは、足首に負担がかかりやすい姿勢に、無意識のうちになっている可能性があるのです。
実はそこが足首を痛める癖や、痛めない身体作りにとても大切となってきます。

♠何故捻挫を繰り返すのか??

捻挫しやすい人に共通する姿勢、それは、お腹に力が入りずらく、猫背もしくは骨盤が後ろに倒れている人です。(ソファーや椅子に座っていて後ろにもたれ掛かるのが楽な方)

足首は上記でも説明した様に、身体の体重移動にとても大きく関わっています。

つまり、体幹のバランスが上手く取れていないと本来足首が行わなくても良い負担を強いられ、余計な筋肉、靭帯への緊張がかかり一度怪我をすると中々立て直す事が出来なくなってしまうのです。

これが、癖の出来あがりです。 

その癖が身体全体に影響を出すと腰痛の原因や股関節、膝の痛みにも繋がります。

足首捻挫だけの問題ではなくなるという事です。

そしてその癖の原因となるのが、骨盤です。

骨盤を造る構造として、体幹筋があります。そんな体幹の筋力が左右均等でない場合、重心バランスが崩れるので何にもないところで躓いたり、着地に失敗して足を捻ってしまったり何にもしてなくても足首周りが炎症を起こして腫れてしまう。そんなケースもみられます。

♠どんな治療をするのか?

一般的には電気して、足首周りの筋肉に電気を当てて、緩めて、固定だと思いますが、
それだけだと本当に捻挫を治す事はできません。

我々桜ヶ丘バランス整骨院が1番に診るのは足首に負担がかかりやすい姿勢をとっているのか?です。

診ていくポイントとして、骨盤周り→足首周り(患部)です。

重心の位置を確認し、足首へかかっている負担となる筋肉から調整していきます。

その次に患部の調整として、熱感や腫れ、靭帯損傷が見られないか確認していくのですが、
その際当院ではハイボルトという治療機を使用し、治療していきます。

♠ハイボルトとは?

ハイボルト治療 | 横浜市緑区の中山駅にあるふれあい鍼灸整骨院のブログ

この機械は人の目には見えない神経の圧迫をみつけ、痛みの原因となっている場所を見つけてくれます。

整骨院ではレントゲンでの検査は出来ませんが、
ハイボルトはレントゲンに映らない神経や筋肉の調整をする事が出来るので、

それにより普通に治療するだけよりも
腫れのスピードや痛みに対して早くアプローチする事ができます!!

♠何故即効性があるの?

ハイボルトは特殊な電気治療器で、圧力波を作り出すことによりピンポイントで痛みの箇所にヒットさせます。それにより体内に効果的に伝達させます。

圧力波によって刺激された末梢神経を一旦麻痺させることで痛みの原因を除去していくことにより時間をかけゆっくりと細胞が再構築を繰り返し回復を促していきます。

なので炎症を引かせる速効性も強いのです!

有名選手も活用するぐらいのすごい治療器ですので、特にスポーツしていてすぐにでも痛みを解決したい!そんな方にオススメです!!