坐骨神経痛

2020年04月4日

坐骨神経痛

坐骨神経痛 | つくば市学園の森で産後骨盤矯正に強いいろどり整体院

♠坐骨神経ってどこから出てどんな筋肉に影響するのか知っていますか?坐骨神経痛 足の痛み、痺れ | 東大阪市八戸ノ里公園近くの「あきた鍼灸 ...

坐骨神経とは、簡単に説明すると、

* 末梢神経の中で最も太く長い神経、ペン軸ほどの太さがある。
* 末梢(足の爪先)までの長さは1m以上もある。
* 梨状筋(お尻の筋肉)から太ももの前を下行し、膝裏を通ってふくらはぎまで通る

この様に下半身への影響がとても大きな神経なんです。

♠坐骨神経痛とはどんな症状?     

♦お尻から脚にかけて痺れている
♦仰向けに寝られない
♦何をしても痛くて、楽な姿勢が分からない
♦力が入り辛くて、疲れやすい。
♦身体も動かしにくい気がする。
♦脚も浮腫んで痛い。

といった症状が多いです。

上記の様な神経痛を引きを超す原因となる姿勢とは、
♣身体を丸めて長時間座るパソコン姿勢
♣片脚のみにしか体重をかけないアンバランスな立ち方
♣よく脚を組む
など、荷重バランスや腹筋、脚、お尻の筋肉の使い方が偏っている事で引き金となることが多いです。

この様に色々な動きが合わせって出来ている症状なので、
・坐骨神経を圧迫する筋肉は何か?
・痛みを引き起こす原因となる姿勢は
・痛みが出やすい荷重(体重の掛け方)は?

など、人によって原因となる場所は変わります。的確に原因を判明出来るように、当院ではしっかり検査を行っていきます。

検査内容としては、

①視診(肩の左右差や骨盤の高さなど、目で見て確認します)
②動診(実際に関節の動きをつけて関節の角度や筋肉の動きを確認します)
③神経の検査(上記の確認をした後実際に1番影響を出している場所を見る為に“ハイボルト”という機械を使用します。

①、②は一般的に目で見て分かる検査なのですが、
実際患者さんにも1番驚かれる検査が③番。このハイボルトを使用した治療が当院の特徴です!

♠ハイボルトとは?ハイボルト治療 | 横浜市緑区の中山駅にあるふれあい鍼灸整骨院のブログ

痛みの原因となっている場所を見つけてくれるすごい検査器機です。
原因を見つけたと同時に炎症もとっていくのでこの機械を使って痛みが取れたらそこが原因です。

♠何故即効性があるの?

ハイボルトは特殊な電気治療器で、圧力波を作り出すことによりピンポイントで痛みの箇所にヒットさせます。それにより体内に効果的に伝達させます。

圧力波によって刺激された末梢神経を一旦麻痺させることで痛みの原因を除去していくことにより時間をかけゆっくりと細胞が再構築を繰り返し回復を促していきます。

なので炎症を引かせる速効性も強いのです!

痛みには全て痛くなる原因があります。

身体に痛みがあることにより、本当はやりたい事を我慢したり、痛みが当たり前になってしまったりする生活を少しでも変えていけたらと我々は思っています。

未来のあなたが笑顔になれる様に、
全力でサポートさせていただきます。